草木染・茜染めの布小物あかねだま

オーガニックコットンやシルクを茜や天然染料で染めました

あかねだまの茜染め、草木染製品
 清流の山里・飛騨高山にて、素材と染料にこだわり品質の良いものを作りたいと願い草木染めを続けています。 分水嶺の豊かな水と澄んだ空気の環境下で、快適な着心地で体に負担をかけない健やかなものを作っていきたいです。
 草木染は植物のエネルギーと色が布に染み込み着る人を癒す、身に着けるお薬とも言われます。 あかねだまでは茜染めを始め、飛騨の季節の草木、薬草などで天然繊維を染め、自然の力を布に込めるよう、一点一点丁寧に染め上げています。

更新情報・お知らせ

2016/05/17
高山市の花梨鍼灸院さんにてあかねだま製品をお取り扱い頂いています。おすすめ製品はネットショップにてお取り寄せいただけます。ぜひご覧ください☆NEW
2016/04/29
多忙のためネットショップは休業させていただきます。今後の販売はイベントや委託販売にて行います。リピーターの方で購入をご希望の方はお問い合わせフォームにて承ります。よろしくお願いします。

あかねだまの染料と素材へのこだわり

草木染め染料

天然染料
草や木で染めた布は『薬布』とも呼ばれ、昔から好まれ日常的に使用されました。 あかねだまでは植物のくれた温かみのある色と力を大切にしながら染色を行っています。 中には家の近くで手摘みで採った季節の植物を使って染めたものもあります。

オーガニックコットン

オーガニックコットン(有機綿)
無農薬有機栽培された健やかな綿花をそのままに、最終製品段階まで一切何も加えずに作られています。 無垢な綿が持つやさしい肌触り、ふわっと軽くてあたたかい着心地。保温性が高く、紫外線も90%カットします。 無化学処理、無漂白、無薬品洗浄。

シルク

シルク(絹)
絹は吸湿性と乾燥性に優れ、体温調節や老廃物を体外に出す働きを円滑に補助してくれます。 絹の肌着は、体温で暖められたあたたかい空気がとりまく状態となるので冬は暖かく、吸湿性に優れているので夏場は肌の汗を素早く肌から離して体感温度を下げ涼しく感じます。

ヘンプ

ヘンプ(麻)
ヘンプは古来縄文時代から人類の歴史と共にある繊維です。 生地は自然な風合いを持ち、抗菌、制菌性、消臭効果、保温効果、UVカット効果などに優れ、成長が早く土壌浄化作用があるなど栽培面でもエコな優れた素材です。

↑ PAGE TOP